メインメニュー SEED設計室

2015年7月アーカイブ

海の家・風(ふう)。

| コメント(0)

暑さも本番ですね~。さて、クーラーのないSEED設計室の自宅。

なんとか知恵を絞って毎年暑さをしのいでいますが、

今年の策はなかなかの効果ではないかと期待しているんです。

それが、これ。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

IMG_1814.JPG

いつもサンサンと明るいテラスの屋根の上にヨシズを乗せてみました。

IMGP3927.JPG

これだけでも日陰ができてちょっと涼しくなった感じ。

もともとこの屋根部分はポリカーボネート板という材料で

紫外線を80%位カットするという商品なんですが、

赤外線は通すのでやっぱり暑いし照り返しもあります。

実際にどれだけ涼しくなったのかなあ?と思い、実験観察大好きな私、測ってみました。

IMGP3964.JPG   IMGP3956.JPG

今日の午後1時半頃。

テラスの柱の温度は30℃、こんな風に日なたと日陰ができていたので、

それぞれに10分ずつ温度計を置いて温度の変化を調べてみました。

IMGP3965.JPG     

見えるかな??? 上は日なたで35℃。 

IMGP3973.JPG           

下は日陰で29.5℃。日陰に温度計を移したとたん、ぐんぐん温度が下がっていきました。

5.5℃も差が出るとやっぱり暑さは格段に和らぎます。

しかも、コンクリートは「蓄熱」といってどんどん熱を溜め込んでしまうので

この時期はお日様をあてないようにするだけで夕方の暑さが全然違ってきます(^-^)b

IMGP3944.JPG

とどめに、テラスに打ち水などしてすっかり涼しい気分です。

吹く風も心地よく、まるで海の家にいるみたい~。

このよしず、ちょっと位の風では飛ばないそうです。もちろん台風が来そうなときは

下ろさなくてはいけないんですが。

価格はウチの近くのホームセンターで1巻き¥3,150-(税込)

(横幅2.7m×長さ(高さ)2.4m)自宅では5巻き使いました。

今日は午後からだいぶ涼しくなりましたが、とても簡単でおすすめなので

まだやっていない方は是非試してみて下さいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。 野田 利恵でした(^_^)

昨日、一昨日で「高萩市 cafe+restaurant 構造内覧会」 と 「みそ工場見学」

のイベントを行いまいした。

DSCN7475.JPG

IMGP3881.JPG

とても暑い中ご来場いただいたみなさん、ありがとうございました。

トラスの模型を見たり、触ったりしてみて、三角形の強さを理解していただけたと思います。

みそ工場の見学もみなさんに楽しんでいただきました。

ご協力していただいた、たつご味噌さんありがとうございました。

みなさんに「大きな桶があってビックリした!」と言っていただきました。

cafe+restaurant のオープンは10月の予定です。

お近くに来た際には、是非お立ち寄りください。

また、同時開催で 「雉子ノ尾 アトリエのある家」 の内覧会も合わせて行いました。

IMGP2010.JPG

お引渡し後4年経つお家を、お施主さんのご好意でみなさんに見ていただきました。

見学されたみなさんは「写真よりも全然いい!」と言って、とても感激されていましたよ。

ご協力していただいたお施主さん、ありがとうございました!

次回のイベントは 「薪ストーブ夏の利用法 講習会」 を予定しています。

薪ストーブは冬の時期には当然大活躍するのですが、夏の時期にはなかなか出番がありません。

そこで、夏の時期に薪ストーブを利用する方法をみなさんにお伝えできればいいなと思っております。

8月下旬にイベントを行うために、現在準備中です。

みなさんのご参加を、是非お待ちしています!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。  竹本 貴友 でした。

真夏の地鎮祭

| コメント(0)

昨日は大安!ということで川越市のお宅の地鎮祭をおこないました。

梅雨明けしたということもあり、埼玉は暑い暑い~~(^_^;)

2-IMGP3764.jpg

午前10時。

帽子をかぶったり、日傘を差しながら式が始まりました。

じっとしているのに汗が吹き出てきます。

それでも、建て主さんの嬉しさがこちらにも伝わってきて

私たちも晴れ晴れとした気持ちになります。

青い空に祭壇のトマトやニンジンがよく映えますね。

PIMG_1792.JPG

この後、ご近所のお宅に皆で着工のご挨拶にまわりました。

ここは住宅密集地ということもあり、工事上でも色々気をつけて

進めていこうと思います。

こちらのおウチは来週着工です。

また工事の進捗をちょっとずつUPしていきますので

どうぞお楽しみに♪♪♪

そして本日の「茨城朝日」さん

明日の「読売タウンニュース」さんに

25(土)、26(日)の内覧会のご案内広告が掲載されました。

こちらが見られるのは、茨城県の一部地域になりますが、

お手元に届いた方は是非チェックしてみて下さいね(^_^)/

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

野田 利恵(りえと読みます(^_^))でした。

思いがけず独り登山?? 日光にて。

| コメント(0)

休日を利用して今お家を設計中の、日光市へ現地調査に行ってきました。

敷地は整地が進み森が開けてきました。

 

IMGP3645.JPG

敷地の道路の方向にはランドマークのような山があります。

ご近所のおじいさんにこの辺りの風向きや季節の住まい方など教えてもらったいついでに

山について聞いてみると、

IMGP3642.JPG

かなりの郷土史通で、かつてこの辺りを治めていた 

板橋将監親棟(いたばししょうげんちかむね) という難しい名前の

武将が山城を築いて拠点にしていた山であることを教えてくれました。

そして 「是非山に登って、その素晴らしい眺めを山頂から見てこの辺りを知ってほしい」 と

強く!進められました・・・・・ そして思いがけず独り登山(といっても比高150mほどですが)が始まりました。

IMGP3699.JPG

登りはじめてすぐに、あまりの急斜面と誰もいない森の中で不安と後悔がやってきました。

IMGP3735.JPG

かつての石垣の名残が見受けられました。 おじいさんの話ではこの山の付近は

硬い花崗岩が採れるところだそうです。 お家の一部に使えるかなとも思ったりします。

それにしても急斜面! 昔の人はここを毎日登城したの?!

IMGP3708.JPG

山道の隙から計画中の敷地が見えました。

IMGP3734.JPG

ようやく山頂付近へ。 尾根伝いに関東ロームの赤い道がつづきます。

ちょっとセザンヌの絵のような、陰影や樹形が印象的な場所です。

IMGP3731.JPG

40~50分登り続けてやっと山頂! 

涼しい風がとても心地よいです。

遠くに日光連山 360度のパノラマ 登って本当によかった!!

男体山が微かに見えます。 手前に敷地もあります。

この辺りが豊かで、昔から大事にされていたところなのだと感じることができました。 

私たちは建物を設計するときに、その場所の風土や雰囲気を大切にしています。

ところで、この山頂にはとてもちゃんとした防水袋に入った

「登頂記録」なるノートがありました。

そこには、「トレーニングのため5往復をするつもり。

1回目が終わったが物足りない・・・」と書いているツワモノが。

自分には、しっかり登山だったのにすごい人がいます。

その後に、ここに建っていただろう城の絵を自分ならどう建てるか

スケッチにして描き残し、山を下りました。

もし登る機会があれば見てみて下さい!

IMGP3691.JPG

現地調査のお話でしたが山や森の写真ばかりになってしまいました。 

これから、このような調査がお家のカタチに、どのように表れていくかご報告していきます。

ちょっと地味ですが楽しみにしていてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。  野田 直彦でした。

大切な現場での打ち合わせ。

| コメント(0)

株式会社シード/SEED設計室の 吉沼 です。

今朝は台風が近づいていたので、現場はお休み。

現場はお休みですが、こんな時こそ現場監理の大事な仕事があります。

朝から雨足が強かったので、現場の様子を確認してきました。

現場はと言うと・・・

ブルシートでしっかりと養生してあった為、骨組も濡れることなく綺麗で一安心?

P7160001.JPG

これも毎日暑い中、作業してくれている大工さん達のお陰です。

昨日も先輩の竹本さんと一緒にしっかりと養生をしてくれました。

ありがとうございます!

一昨日の14日?火?はお施主さんと現場にて、

照明や窓の高さ・位置などの詳細を決める打ち合わせを行いました。

P7140002.JPG

ペンダント照明の代わりに仮設照明を下げ、

ピンクのテープを窓の高さ、大きさに合わせて貼り

図面どおりの場所にテーブルや椅子を並べて準備します。

お施主さんに実際にそこに座ってもらい、

空間の雰囲気や窓からの風景の見え方などをを体感していただきます。

図面だけでは、お互いに伝わりにくいイメージをすりあわせていく打ち合わせ。

とても大切な時間です。

P7130005.JPG

日々、着々と形が出来上がっていくお店。仕上がりが楽しみです!

この現場は7/25(土)・26(日)に構造の見学会をおこないます。

ブログでもご紹介しましたが、「トラス」という組み方の骨組みです。

同時開催で隣接地の「たつご味噌」さんの工場見学もしていただけます。

詳しくはこちら ↓↓↓↓


老舗味噌店 工場見学と
cafe restaurant トラス構造見学会

?

?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

?

?

地鎮祭と現場のワンコ U^ェ^U

| コメント(0)

株式会社シード/SEED設計室の 野田 利恵です。

ここ2日間、茨城では久しぶりの晴れ!急に暑くなってきましたね。

気温も急激にあがったり下がったり。皆さん体調管理にはお気をつけ下さい。

今日みたいな日には、お日様をいっぱい吸収してSEEDの小さな菜園の野菜も大きくなってほしいです。

↓↓↓↓↓ 現在の畑の様子はこんな感じ ↓↓↓↓↓

IMGP7080.JPG   IMGP7081.JPG

カボチャはすくすく。   トマトはもう赤くなるのを待つばかり。

いまのところ、なんだか全体がです・・・。

昨日は、ひたちなか市の現場で地鎮祭をとりおこないました。

ずっと雨続きの中、こちらの建て主さんは大事な行事では必ず晴れ!!

雨女の私にはうらやましい限りです。

IMGP7049.JPG

IMGP7059.JPG

どの現場でも地鎮祭は気持ちが引き締まり、あらたまります

ところで地鎮祭の神様ってどんな神様かご存知でしょうか?

わたしも神主さんに教えてもらったんですが、ちょっとご紹介しましょう。

大地主神(おおとこぬしのかみ)・・・国土の守護神

産土神(うぶすなのかみ)・・・その地域の神様

を主神としてお奉りします。

土地の神様にご挨拶して、工事の無事進行・完了と

土地や建造物が末長く安全堅固であることを祈願します。

地鎮祭は正式には「おおとこ しずめのみまつり」というんだそうです。
由来がわかると、やっぱり大事な儀式なんだなあと思います。

?

?

?

さて、このお家は古い住宅を解体して新しくお家を建築します。

工事の間、建て主さんが飼っているワンコの小次郎くんは元の土地でお留守番。

現場の番犬として活躍しています。
地鎮祭の間もいい子にして待っていました。


2-IMGP7068.jpg

?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

トラスの現場が上棟しました!

| コメント(0)

株式会社シード/SEED設計室の 竹本 です。

昨日は高萩に現在建築中の cafe restaurant 現場の上棟が無事に終わりましたので、

みなさんにご報告致します!

IMGP6956.JPG

上棟日の当日に雨が降っていて、作業日程を別の日に変更することはたまにあるのですが、

今回は雨の影響で2回も上棟日を変更しました。

お施主さんはもちろん、大工さんやレッカー屋さん、材木屋さんにはやきもきさせてしまいました。

天気が悪いので仕方がないのですが、申し訳ないです。

夕方に少しパラパラ雨が降りましたが、雨の影響もなく上棟する事ができました。

上棟おめでとうございます!

今日は、屋根の下地を大工さんが作ってくれました。

IMGP7000.JPG

7/25(土)・26(日)にこちらの現場のトラス構造見学会を予定しています。

当日は天井(屋根)や壁も一部ですが仕上がっていると思いますので、お家の建築をお考えの方はもちろん、お店の建築をお考えの方、是非みなさんお越しください!

同時開催で現場から車で約5分で行ける場所に、お施主さんのご好意でお引渡しから4年後の

「雉子ノ尾 アトリエのある家」

IMGP2010.JPG

の内覧会を予定しておりますので、合わせて是非お越し下さい!

こちらは、実際に住まわれていらっしゃるお家ですので、お手数お掛けいたしますが予約制となっております。

お申し込みは、TEL、Email、、お問い合わせフォーム、FAXにてご連絡下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

?

古いKibaco発見??

| コメント(0)

株式会社シード/SEED設計室の 野田 直彦 です。

前回のブログ「福岡河岸記念館」のレポートの続きです。

私たちはお家の設計をするときには、建てる敷地周辺の古い民家や自然を訪ねる

ことにしています。 

その土地の古い建物にはまわりの自然への豊かな感性や、実生活に

即した家のつくり方があるからです。 

2-0.jpg

今回訪ねた「福岡河岸記念館」の敷地のなかに、なんと私たちのつくる

Kibacoと似た大きさとつくりの、古いKibacoと呼びたくなるような

建物を見つけました!!

もともとはこのお屋敷の住み込みの人たちが炊事や寝泊り、生活するための

家だったそうです。

2-1.jpg

1階は炊事場や水場、茶の間など半分が土間、半分が板の間の陰影のある

涼しげな空間がかわいらしいスケールで広がっています。

再現されていたカマドもどこかユーモラスな形です。

3-20150703.JPG

残念ながら2階は公開していなかったので、隣の建物の2階に上がりました。

畳敷きが気持ちよいです。 

障子の高さも低くつくってあり、見下ろすと新河岸川を見わたすことができます。 

その昔、江戸からの舟の到着を眺めていたのでしょうか。

他の来場者が少なかったので、つい長居してしまいます。

寝てしまいそう・・・(-_-)zzz

2-20150703.JPG

今回の訪問で、現在川越市に設計を進めているお家のヒントを見つけることができました。 

古くから大事に残されているお家には参考にしたいところがたくさんあります。

その紹介もこれからお伝えしてゆきますので、楽しみにしていてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。