メインメニュー SEED設計室

2015年11月アーカイブ

大事にしている本

| コメント(0)

こんにちは 冬の足音が聴こえてくるこの頃です。

みなさんは秋の夜長、どのように過ごされているでしょうか。

私は今の家に越してくるまでに、あちこち数えてみると5回の引越しをしていました。

今回はその引越しの都度、ずっと持ち歩いてきた本をご紹介したいと思います。

1.1.JPG

最初は 手塚治虫の "どろろ" です。 大好きな漫画です。

ちびっこ泥棒の どろろ と、体の48ヶ所を魔物に奪われた少年サムライ? 百鬼丸 の冒険譚。   

足りないものだらけの2人が旅をとおして、実はもっと大事なものを手にしていくという物語です。

1.2.JPG

全4巻の単行本ですが、自分で2人の旅をいくらでも広げられる奥行きの深い物語。

ふとしたときに読み返し、引っ越した先々で新しい話を想像していました。

1.3.JPG

2冊目は、中上健次の最初のエッセイ "鳥のように 獣のように" です。

あまりに読みすぎて本はボロボロです。  

中上健次の小説の舞台は殆どが著者の故郷、紀州、熊野周辺にあり、

その風土と別ちがたい土地の人々の生活が物語の主軸にあります。

学生のころ、風土について、もっと言うと自分の生まれた場所やそこの空気について

考える大きなきっかけをくれた作家です。  

いまの建築の仕事でもその影響が続いています。

?

1.4.JPG

3冊目は宮本 輝の "星々の悲しみ" です。 

ユーモアのある悲しい青春小説です。  

物語中、シーンの空気がそのまま伝わってくる稀な小説です。 

私の好きな本は、自分のなかで映像にできるかが大きなポイントのようです。

11.JPG

装丁も洒落た4冊目の本は 建築界の巨匠 ル・コルビュジェの著作 "小さな家(母の家)" です。

人にあげたり無くしたりと現在 3冊目の本です。

建築に必要なエッセンスがすべて詰まったような、建築士必読の書だと思います。

2.JPG

1923年、歳老いた母のためにスイス、レマン湖の畔に建てた小さな家の

計画から母が住みだしたあとの後日談までを、著者の解説と美しい写真で綴った本です。

私たちのKibacoでも設計している、横長の水平窓の元祖は上の写真にあります。

この本を読むと家をつくるのに必要なことは何か、初心に還ることができます。

4.JPG

5冊目は映画 "戦場のメリークリスマス" の原作の "影の獄にて" です。

原作は3部構成になっています。 不思議な装丁です。

5.JPG

特に第二部 "種を蒔く者" の主人公セリアズの弟のエピソードが何度読んでも良いのです。

その弟は農夫なのですが、小説の舞台のアフリカで大地と交感し、野生の動物とも繋がる特別な感覚を

持っていて、普通の人々の中で浮いた存在として描かれています。

物語のなかで人の生活でほんとうに大事なことは、物の豊かさや社会常識に添って生きることではないことを

暗に語ってゆきます。

そのような人が土地を読み、家をつくるとどんなものになるか、ふと考えてしまいます。

6.JPG

6冊目は 木村 敏 著 "時間と自己" です。  

高名な精神科医によって記されたこの本は 

世界には、原因があって結果があるといった"もの"を客観的に捉える見方だけで成り立っているのではなく、

別の"今起こっていること"という客観視できない側面があることを、教えてくれます。

非常にスリリングな展開は、何度読んでも引き込まれます。

この本の最後には著者による、はっと我に帰るような "あとがき" があります。  

9.JPG

ずいぶん長くなりましたが最後は 遠藤周作による渾身の著作 "イエスの生涯"です。

読むたびに居住まいを正したくなります。

この本のなかでイエスは等身大の人として描かれています。

私はキリスト教を信仰してはいませんが、イエスの深い悲しみや苦悩、絶望的な立場を辿っていくと

何故か勇気のようなものが湧いてきます。 とても不思議です。

ランダムな本の紹介になってしまいました。 

建築には関係ないように見える本もずっと持ち歩いてるところをみると私には大事な糧になっているのだと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

SEED設計室  野田 直彦 でした。  

こころ引かれる建物たち

| コメント(2)

こんにちは 朝晩は寒くて季節の変化を感じるこのごろです。

今回は、普段お家の設計をしている私がどんな建物に興味を持ち、

どのようにデザインに活かしているかについてお伝えしたいと思います。

IMGP1861.JPG

この建物は四国、愛媛県の山間にあった農家の2階建て木造倉庫です。 

水田の緑のなか、白い壁が映えます。

中で作業もするのでしょう、カタチのいい窓が規則正しく配置されています。 

それぞれの窓に雨の日でも換気できるよう、小さな庇が付いているのも心憎い配慮です。

そして最も印象深いのは建物全体のプロポーションと

(高さと巾の比率。この建物は高さが抑えられています)

それを際立たせる、外壁や屋根の材料のシンプルさです。   

これらの要素がこの素朴な建物を、品よくしているのだなと思います。

IMGP8084.JPG

この2階建ての納屋は北海道をレンタカーで走っているときに見つけた建物です。 

広々とした気持ちのいい場所にそっと置いてある感じです。

屋根も外壁も薄い鉄板でつくっている切妻屋根のこれ以上ないほどのシンプルな外観です。 

前の建物と同じで高さが低くつくってあります。

低く作ることで材料を節約したり、使い勝手をよくするなどの理由があるのでしょう。  

専門的になりますが建物は、屋根が地面に近いほうがプロポーション良く見えることが多いのです。

この大きさで家をつくったらどんな構成になるのか、つい考えてしまいます。

IMGP8517.JPG

この古びた木造の小屋は、山形県酒田市で見つけた小船を格納するためのものです。

外を形つくっている材料は基礎の石と、杉材の外壁、鉄板の屋根と3種類しかありません。

しかも石と木は天然の素材です。 

地元にある材料を普通に、正直に使っているのだと思います。

正方形の木の出入り口は、高さが1.8m程で頭をぶつけそうですが、

巾広のドアを引き、くぐる感じがとても良い雰囲気なのです。 

最近は背の高いドアが多いですが、常識にとらわれることはないなと思います。

L1010139.JPG

材料や形のシンプルさでは究めつけの、ほんとうの納屋です。

以前 サンフランシスコに行った際に、北に200キロほど(恐る々る)走り

辿り着いたところに建っていたものです。

この納屋は屋根も外壁も柱も、なにもかもレッドシダーという

現地で豊富に採れる単一の木材でつくられていました。

寒々とした大地に立つ風雨に晒された姿は、

なにか近づきがたい雰囲気がありました。

IMGP8062.JPG

私たちがこころ引かれる建物は、有名な建築などではなく

誰がつくったのかわからない、生活に根ざしたものが多いようです。

私たちは様々な場所でお家を建てる機会をいただいていますが、

その場所だからこそできる建物を、ローカルな材料で正直に形にしたいと

考えています。

次回は昔からの技術と新しい技術をどう合わせていくかをお伝えします。

SEED設計室  野田 直彦 でした。