メインメニュー SEED設計室

2016年9月アーカイブ

みなさんこんにちは✨

本日は、先ほど終了しました"女子会"の様子をご紹介します!

女子会.JPG

 


今回のテーマは『建築模型をつくってみよう!』

以前ご自宅のリノベーション工事をさせていただいたTさまと、これから新築予定のSさまにご参加いただきました!

それぞれのお家の模型パーツを用意しまして作業開始です。

 作業開始.JPG

 

 

パーツをカットしてボンドで組み立てていくのですが、細かい作業が多く手間がかかります‥。

が!細かい作業が好き✨というお二人‥カッターさばきが素早く正確です!

今回はご家族で参加いただいたので、途中旦那さんにバトンタッチする場面も。

 

みんなで.JPG

おやつとコーヒーを楽しみながら、始終みんなでわいわいと楽しく作業をすすめることができました♪

完成して、記念撮影♪ おふたつとも、とても上手にできました(^o^)!

S家完成.JPG

T家完成.JPG

模型を作るというなかなかマニアックな内容なので、楽しんでいただけるか心配だったのですが‥

『とっても楽しかった!』のご感想をいただき一安心(^-^)♫

本日は、ご参加いただきましてありがとうございました!

保育.JPG

そして‥子供たちのお相手をしてくださったMさん!今日はお世話になりました。ありがとうございます♪

***

10月第3土曜日は、水戸飯富町にてドライブインレストランのプレオープンイベントとなります(^o^)!

次回の女子会は11月第3土曜日に開催予定になります。

内容につきましては、またこちらの内覧会・イベントのお知らせにてお伝えいたします。

リクエストも受け付けておりますので、『きいてみたい!』『やってみたい!』なんてことがありましたら

お気軽にお知らせくださいね!

『建築模型』も第2弾を予定しておりますので、今回ご参加いただけなかった方は次回ぜひ!ご参加おまちしております。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

SEED設計室/株式会社シードの 櫻井郁美でした。

 

みなさんこんにちは

今日から9月、残暑の季節になりました。

私たちは9月3日(土)・4日(日)の2日間、水戸の曙町にて

kibaco80(ハチマルと呼びます)の完成内覧会を開催します。

"kibaco80"はSEED設計室による新しいコンセプトの建物です。

j1.1.JPG

kibaco80は 巾7.28m 奥行4.55m 高さ(低いところで)3m、

床面積(約10坪)を基本ユニットにした、快適で可愛らしいサイズの建物です。

J1.jpg

kibaco80はデコボコの少ないすっきりとした切妻屋根が特徴です。

屋根、外壁はガルバリウム鋼板。

 窓はすべてペアガラスを使用、

エントランスには無垢の杉板を貼り、優しい雰囲気にしています。

j2.JPG

アプローチに面したファサード、巾4.5mのリボンウィンドウ(横長の窓のこと)が目を引きます。

この建物はオフィスとしてつくったのですが、住宅やガレージなどの用途のときは、

この窓を掃出しにして大きな庇を付ければ、とっても居心地のいい場所をつくれます。

j5.JPG

エントランスから室内に入ると、高い天井越しに木組みのトラスフレームが

リズミカルに並んでいます。

トラスフレーム構造は柱を少なくできるのでワンルームの建物に適しています。

j10.JPG

トラスフレームの製作風景。 親方が上からにらんでいます!

昨年、世界遺産に登録された群馬県の富岡製糸場では、重要な

ほとんどの建物が木造のトラスフレーム構造で造られています。

見直されていい工法ですが、作れる大工さんが減っています。

繰糸所内部1.jpg  繰糸所内部2.jpg

j8.JPG

以前ひたちなか市でご依頼を受け、お作りしたガレージです。

トラスフレームで室内を柱の無い空間にしています。 天上は高いところで3.8mあります。

三角形を組み合わせたトラスフレームは丈夫な小屋組みなので、

ガレージで使えると便利なチェーンブロックを吊ったりもできます。

j8.2.jpg

ガレージタイプの外観。

杉板の外壁を雨掛かりから守るために、軒を大きく出しています。

j6.JPG

kibaco80、オフィス仕様の室内です。

壁面いっぱいの造り付け収納、床板には厚さ3センチの杉無垢材を貼っています。

白いクロス貼り、杉板貼りの二種類の壁があります。

j14.JPG

 親方の平山さんが厚さ3センチの杉の無垢板を床用に加工しているところ。

j15.JPG

床は自然素材のワックスを、オーナーご家族と私たちで塗りました。

j7.JPG

事務スペースから見る水廻りと応接スペース。

収納を兼ねた目隠し壁や間仕切り家具で、スペースを有効に使います。

j11.JPG

屋根の断熱には旭化成のネオマフォームを外張り断熱施工をしています。

小さい建物の場合、外気温の影響を受けやすいので

しっかりした屋根の断熱と高い天井(できるだけ大きな容積)が必要です。

j3.JPG

"kibaco80(ハチマル)"の名前の由来は、建築総工費が¥800万からきています。

総工費には外構工事を除いて、建築申請費や照明、ブラインド、水廻りなど

すべて含めた金額です。

今回のような事務所の用途以外に 単身者(小さな世帯)の方の住宅、

cafeや小売店、ガレージ、休暇小屋(小さな別荘)など色々なバリエーションが展開できます。

"kibaco80"はしっかりした構造と断熱、無垢の木材を使ったプレーンな建物です。 

お使いになる住まい手の方に合わせて成長してほしいと考えてデザインしました。

ご興味のある方はぜひ、

9月3日(土)・4日(日)のkibaco 80(ハチマル)の

完成内覧会にお越しいただきたいと思っております。

詳しい情報と地図はこちらへ

↓↓↓↓ハチマルくんをクリック!↓↓↓↓↓

        はちまる.jpg

今回の内覧会を開催するにあたり、オーナーさまにはあらためて感謝申し上げます。

SEED設計室 代表  野田 直彦でした。