メインメニュー SEED設計室

台風19号のこと

| コメント(0)

先月の台風19号から早くも3週間近い時間がたちました。

本当に大きな災害になり、ショックを受けました。

私たちが3年前に建築させていただいた水戸の飯富町にある

Chinese Kitchen「柏ノ木」さんも浸水の被害にあいました。

建築の仕事をしていると、ひどく雨が降ったり、暴風が吹く時には

特に風の強い場所や、低い場所に建てたお家のことなどが心配になります。

今回は報道などで「最大級の警戒が必要なレベルの台風」という情報が

あったため、特に警戒の必要だった鹿嶋や潮来のお宅などは事前に見回り

取れる対策はしていたのです。

ですが、13日の早朝 柏ノ木へ駆けつけてみると

191013IMG_1330.JPG 191013IMG_1333.JPG

191013IMG_4885.JPG

見慣れた風景のあまりの変わりように呆然としながらも

浸水のため規制線が張られ、近づくこともできず帰ってきました。


水が引いたのは3日後の10/16日。

店内はすべてが水に浸かり、物が散乱していました。

オーナーさん従業員さん、大勢のボランティアさんと一緒に

泥をかき出したり店内の備品を全て外へ運び出し

処分するものを仕分け、内側を水で洗いました。

IMG_4931.JPG IMG_4938.JPG

IMG_4942.JPG IMG_4953.JPG

この日は店内の物をあらかた運び出し、床が見えるような状態になりました。

s-IMG_4965.jpg

s-IMG_1399.jpg


10/18 大工さんと一緒に内側の壁をはがし、木造の構造だけにする作業をおこないました。

構造自体はダメージを受けていないので、あらわしにして早く乾かした方が良いからです。

IMG_1503.JPG IMG_1501.JPG

IMG_1499.JPG

IMG_5525.JPG

屋根の上には、1tもある肥料用の草のロールが乗っており

何箇所かダメージを受けていました。

IMG_6393.JPG

建物に残っていた線を測ってみると、水は4mの高さ(矢印の部分)まで来ていたことが

わかります。

IMG_1415.JPG IMG_1416-2.jpg

復旧作業で建物はだいぶきれいになりましたが、

再開までの作業はまだまだ続きます。

痛々しい建物をみていると、とても辛く悲しい気持ちになります。

それでもオーナーの柏さんはとても気丈に前向きに作業を進め、

周辺の対応などもされていてこちらが勇気付けられる位です。

191018IMG_6381.JPG

被災した大勢の方々が一日も早く生活を取り戻せるよう

私たちもできることを進めて行きたいと思います。


このたびの台風19号で被害にあわれた皆様に

お見舞い申し上げます。

一日も早い復旧をお祈りしています。

SEED設計室 野田利恵でした。

コメントする