メインメニュー SEED設計室

2019年6月アーカイブ

最近の現場から、  窓と風景

| コメント(0)

こんにちは、紫外線の強い季節になりました。 久しぶりのブログです。 

今回は施工中の現場から"窓"を取り上げて、その特徴を紹介してみます。

1.19.6.19.JPG

もともと畑だったところに建てているお家です。

2階の吹き抜けにある窓を大工さんが取り付けしています。

窓辺に腰掛けてちょうど良い高さ(膝より~15cm上くらい)にしてあります。 

夏は日陰の窓辺に腰掛けて風を受け、冬は窓を閉め太陽の陽を入れます。

2.19.6.19.JPG

リビングの掃出し窓。  

キッチンからも畑の向こうの木(シンボルツリーと呼んでいます)を眺めることができます。   

見える風景にシンボルとなるものがあると、窓はただの窓ではなくなります。  

3.19.6.19.JPG

那珂川の河口を見下ろす高台のお家です。 2人の男の子の部屋の窓。  

手前の杉の木のカウンターは巾が7mもあり、その上に巾5.4mの窓が入ります。

日差しと軒の出を計算して夏は陽が入りにくく、冬に陽が入るようにしてあります。

それぞれの季節の河の風景は、子供たちの想像力を広げてくれると思います。

 

4.19.6.19.JPG

同じ高台の家の外壁の一部、1階の北側をコールテン鋼で仕上げます。 

切り抜かれた窓が良い感じです。

お施主さまとお打ち合わせを重ねて出来上がったデザインです。

5.19.6.19.JPG

北側には同じ形の窓が5つ、リズムよく並べてあります。

道路から建物に近づく方向にこの佇まいが見えます。

コールテン鋼は赤く錆びて丈夫になる鉄なのですが、これから錆びて変化していくのが楽しみです。

6.19.6.19.JPG

先日、内覧会を開かせていただいた、神栖市のお家です。

西側、裏庭を向いた方に縁側と深い軒庇(1.8mもあります)を設えた個室があります。

時間がゆっくり流れています。  お施主さまは裏庭に畑をつくるそうです。

ほんとうに落ち着く部屋になりました。

窓は家と外を繋げる大事な部分です。 風景を読みとり、生活を考えてデザインしています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

SEED設計室 野田 直彦でした。