メインメニュー SEED設計室

2017年6月アーカイブ

6月 kibacoCAFE

| コメント(0)

毎月1回開催するkibacoCAFE、今月は6/4(日)でした。

『そろそろ家を建てたいなあ。』と考え始めても

『何から始めていいのかわからない。』というお話を良く聞きます。

そんな方たちから、

    

    ・良い土地を見分けるコツは?

    ・まず、家より先に、建てる土地がない。どうやって探せばいいの?

    ・土地はあるけれど、今は畑として使っている。ここに家は建てられる?

    

    ・家を建てる予算の見当がつかない。

    ・金利は固定金利とと変動金利どっちがいいの?どう違うの?

    ・銀行へ相談に行く前に知っておいたほうが良い事は?

    ・どこの銀行に借りたらいいの?

    ・自分たちの生活に合った借り方ってあるの?

                                        などなどなど・・・・

本当に様々、沢山の疑問・質問をいただきます。

そこで今回はそんな一歩を踏み出したい方のために

【自分に合った土地選び】【住宅資金・ローン】

という、2つのテーマに絞ったセミナーを開催しました。

といっても、堅苦しいものではなくお茶とケーキ(今回は簡単なものを手作りしました(^_^)v)

を召し上がりながらリラックスした雰囲気でお話を聞いていただきました。

IMG_1141.JPG

まずは、SEED設計室代表の野田による土地選びセミナーから。

私たちがこれまでに建てさせていただいたお家の約4割の方が土地から一緒にお探ししたお客さまです。

(土地がない状態で建築を始める方は多いのです。)

実際に探した際のエピソードをご紹介し

どれくらいの期間で希望の土地に出会えたのか、

また、いくつもある土地の候補の中から決め手となった条件はなんだったのか?

などのお話をさせて頂きました。

IMG_6751.JPG

実際の土地探しの経験から得たノウハウを資料としてまとめました。

普段こうして大勢の方の前でお話をする機会が少ないので、緊張しながらではありましたが

皆さんとても熱心に聞いてくださったのでホッと一安心。

土地探しを始める際にご参考にしていただけたら、と思いました。

IMGP1617.JPG

約1時間のお話の後、休憩を挟み資金計画の部です。

講師は3000組を超えるお宅の家計相談をされてきた(有)TJCの川崎さんです。

私達のお客様の家計相談やその他の相談にも乗っていただき

もう10年以上もお付き合いのある方です。

基本的なローンの仕組みや、返し方、

人生設計の上で、住宅ローンと家計がどのように変化して行くのか?など

難しい内容も図解やグラフなどでとてもわかりやすくご説明いただきました。

IMG_1147.JPG

しっかりローンを利用し、タイミングを外さず戦略的に返済していく重要性を教えていただきました。

皆さん熱心にメモをとったり、お話の最後には様々な質問も飛び交いました。

IMG_1148.JPG

お天気の良い日曜日にも関わらず、沢山の方にお集まりいただきました。

この会が皆さんの夢の実現に向けて少しでも助けになったらと思います。

本当にありがとうございました。

次回のkibacoCAFEは7月です。

どんなテーマになるか、決定しましたらWEBページにてまたお知らせしたいと思います。

役に立つ、楽しい企画を考えていますので、どうぞ皆さん遊びにいらして下さいね!♪

ではでは、今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

SEED設計室の野田 利恵でした。

地盤の下に棲むモノは・・・?

| コメント(0)

こんにちは。梅雨入りが発表になりましたが、今日の茨城は気持ちよく晴れています。

SEED設計室では定期的に建築にまつわる色々な勉強会をおこなっています。

IMG_6699.JPG

今回は住宅を建てる地盤の強さとその試験方法と液状化対策がテーマでした。

講師は私達がいつも地盤調査をお願いしている

ジャパンホームシールド株式会社 の住宅地盤技士 齋藤さん。

とてもわかりやすく説明していただき、穏やかな人柄なので私達も質問がしやすい雰囲気です。

今回は、現場で実際に調査をしていただいている高橋さんにもお越しいただきました。

(下の調査している画像は高橋さんです。)

170609image2.JPG

一見しただけでは、わからない地面の下。

でも地震時には、この地盤の強さと性質が建物の強さと一体となって現れ

建物へのダメージの大小に違いが出ます。

ですから、私たちはこの地面の下の性質をできうる限り

正確に把握したい、しなければと考えています。

建て主様から建築のご依頼を受けると、私たちは役所での法的な調査や

現地での周辺設備・環境(上下水道、電気、接道、周辺の雰囲気などなど)調査を

おこないます。

PB250001.JPG

さらに詳しい地盤調査の前に、近隣の過去の調査データを元におおまかなその土地の状況を正確をとらえます。

この段階で地盤補強工事が必要そうだと予測できれば見積りに計上しておけるので

不測の出費にびっくりする、予算オーバーになってしまうという事を避けることができます。

170609image1.JPG

これは東海駅周辺の地盤マップです。

この地図により、それぞれの敷地の強さや、改良工事がされたかどうか? 

について過去を遡って知る事ができます。

(※データ保護の為、画像を荒くしています。)

この講習に先駆けて普段からNHKで放送された大地震と建物の崩壊についての

特集をいくつか観ていました。

その中で、2016年熊本大震災で住宅が倒壊した被災者の方の

「まるで地面の下に魔物がいるような感じがした。」との証言がとても印象的でした。

それぐらい非現実的な怖い経験だったのだろうと想像できます。

地盤を構成する、土、砂、泥、水の挙動を予測するのはとても難しく、

調査や補強工事にも予算的な限界があります。

けれども、建物の被害はそのまま人命と財産に関わる問題です。

居心地の良い住まいを乗せる地盤は、まず安全を確保してからという考えで

これからも勉強を続けていかなくては。と思っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

SEED設計室/株式会社シード 野田 利恵でした。