メインメニュー SEED設計室

2017年4月アーカイブ

春も半ば、暖かくなってきましたがみなさんいかがお過ごしでしょうか。

SEED設計室ではGW前に水戸市千波町にて内覧会を開催します。

ご夫婦と小学生の男の子2人の4人家族、薪ストーブのあるお家です。

お家の計画は一年前、水戸市千波町に土地を一緒に探すところから始まりました。

これから完成したお家の見所をご案内します。

2n.JPG

道路アプローチ方向から見たお家の様子、このお家と敷地はほぼ南を向いています。

木製の玄関ドアが最初に目にはいります。 

家をつくる上で人を迎える玄関がわかりやすい場所にあることがとっても大事です。 

玄関やリビングの掃出しの前には2.4mの庇のある大きなテラスがあります。

3n-2.JPG

リビングの奥から南面にある玄関とリビング掃出しを見ています。

玄関を入るとタイル貼の大きな土間、その上に薪ストーブがあります。

リビングと庭をつなぐテラスには、水道とコンセントをつくり付けています。 

ストーブでピザを焼いたり、BBQや日曜大工、苦手な靴洗いなどなど・・・・

生活がより楽しくなればと考えています。

5n.JPG

東側にあるキッチンからリビングを見ています。

手前のカウンターの向こうがダイニング、その先に3帖の畳コーナーがあります。

TVを置く板壁の左のリビング階段が2階に続いています。

6n.JPG

後ろを振り返ると作り付けのキッチン・カウンター収納があります。

7n.JPG

この洗面台とキッチン収納のパース図は、お施主さんと現場でお打ち合わせしたときのものです。 

カウンターの高さや材質、棚の枚数や扉の作りなどなど、現場で決めたことがカタチになってゆきます。

SEED設計室では現場での打ち合わせをとっても大切にしています。

8n.JPG

カタチになった洗面台と鏡、収納です。  

現場での打ち合わせは限られた時間のなかで大変なこともあると思いますが、

お施主さんにとって、たったひとつのモノが出来上がります。

10n.JPG

洗面室からの続き、南面にある浴室は一年を通してカビにくく、冬暖かく快適です。

ペアガラスに内蔵しているブラインドで日差しを調整しています。

優しい光が疲れを癒してくれそうです。

11n.JPG

kibacoでは床板と階段の板に地元の八溝杉を選んでいます。

ムクの杉材は柔らかく調湿機能があり、夏も冬も素足がとっても気持ちいいです。

12n.JPG

2階の子供部屋は壁を作らずにいます。

もう少し大きくなったら壁を作り、家を出たら壁をはずしてまた広く使うことも

考えて設計しています。

13n.JPG

2階の納戸をすのこの床で仕上げています。 1階の光が透けています。

部屋の空気が循環して湿気がこもらないので、布団などをしまうのに良い場所になります。

14n.JPG

主寝室から東の方を見ると感じのいい古いお家とよく手入れされた庭が見えます。  

東面に道路がありスペースのある土地を選んだので朝、陽が昇るのを感じることができる部屋になりました。 

日々の生活のなかに四季の変化を少しでも取り入れたいと考えています。

15n.JPG

主寝室の南面には大きく開く窓と、1階から屋根へと続く煙突があります。

窓は夏の日差しは入らず、冬に入るように設計しています。

また、薪ストーブの煙突が冬部屋を暖めてくれます。

16n.JPG

リビングから吹き抜けを見上げます。 住宅地のなかですが上の窓は空だけが見える設計です。

テラスの先、庭の向こうには薪小屋を設置する予定です。

お家の様子がわかりやすく伝わればいいなと思い、長いご案内になりました。

でも、やはり実際のものを見ていただき、木に触れていただけるのが一番です。

どうぞ皆さんで足をお運びいただき、見にいらして下さい。

みなさんのお越しをスタッフ一同お待ちしております!!!

また、今回の内覧会に快くご協力いただきましたお施主さんにあらためて感謝申し上げます。

最後までお読みいただきありがとうございました。SEED設計室/株式会社シードの 野田 直彦でした。

新年度、東海村役場にて。

| コメント(0)

こんにちは。新しい年度も始まってそろそろ1週間。

新しい生活や環境でお過ごしの方もいらっしゃると思います。

さて、新入社員もいないし、転勤も異動もないSEED設計室では

いつもと変わらない月初めなのですが、

今年は1つだけ小さな変化がありました。

4月1日から、東海村役場の正面玄関入ってすぐの場所に、

【村内の地図】と村の皆さんの生活にお役に立てる【会社さんの広告】が載った

【表示灯】が設置されることになりました。

そうそう。よく駅などに設置されている、あれです。

そこにSEED設計室も載せていただいています。

IMG_6211.JPG

写真は、3月31日の設置工事の際に撮影しました。

IMG_6212.JPG

IMG_6207.JPG

地図の中にも名前が表示されています。

「おっ!あった、あった(^◇^)♪」

IMG_6206.JPG

村内の他の会社さんともお隣同士だったりして、勝手に親近感。

ちょっと嬉しいです(^_^)

IMG_6210.JPG

東海村在住の方、そうでない方も東海村役場へお越しの際は

是非、のぞいてチェックしてみて下さいね(^◇^)b

最後までお読みいただきありがとうございました。

新年度、頑張っていきましょう~♪

SEED設計室/株式会社シードの 野田 利恵でした。

塗装作業をご一緒に!

| コメント(0)

こんにちは。

今日は先週の日曜日におこなった、日立市のS様邸での塗装作業の様子をお伝えします。

SEED設計室の建物『kibaco』では室内の仕上げに紙製のクロスを貼ることがあります。

ヨーロッパで100年以上にわたり愛用されている

ドイツ生まれの『ルナファーザー』という紙クロスで

この上から水性の塗料を塗って仕上げます。

L1150194.JPG

この日はその塗装作業を建て主さんと一緒におこないました。

「室内の良く見えるところを素人さんが塗って大丈夫???」

とよく心配されますが、水性の塗料でムラが出にくく

塗っていてもほとんど臭いもしないどころか、

ホルムアルデヒドなどの有害物質を吸着してくれると言うすぐれ物。

ビクロスという塗料を使います。

L1080929.JPG

難しい話はさておき・・・

朝8時から作業が始まりました。

建て主さんは、この日のために、ご一家で揃えたツナギ姿でやる気十分!

ご親戚の方たちもお手伝いに来て頂き、

SEEDのスタッフと合わせ総勢12名で作業を進めます。

現場監督の竹本君が塗り方の説明をしていると、

小さな職人さんたちも一生懸命聞いています。

1-IMG_6489.jpg

作業もしっかりお手伝いしてくれました。

1.JPG

みなさん、黙々と作業しています。

IMG_6487.JPG

私たちはこのような作業に、できるだけ建て主さんが参加して頂きたいと思っています。

お家づくりの作業に少しでも関わっていただくと、後々のメンテナンスもご自分たちでやりやすくなり

なにより、一層自分たちの家に対する愛着が強くなるからです。

少しくらい上手に塗れなかったり、はみ出したりしていてもご愛嬌ですね。

(今回はとても上手に塗れましたよ!最後には監督の「竹本くんチェック」が入り

きれいに仕上がりました。)

ところで、この作業をする上で忘れてはいけないのが

前日までのマスキング作業。

塗ってはいけない部分を覆い隠し、難しい部分をちょこっとだけ

塗っておいてくれます。

これは本職の塗装屋さんがおこないますがとても細かく、根気のいる作業です。

この作業があるから、私たちでも簡単に楽しく作業ができるのです。

ジグソーパズルで難しいところを黙々と作り、

最後のピースを残して人に渡す時の気持ちと同じだろうか?・・・と

ついついそんな事を考えながら塗装をしています。

DSCN8832.JPG

そんな下準備に感謝しつつ、作業は順調に終わり

みんなで記念撮影です。

IMG_3493.JPG

これから、完成に向かって色々な設備なども入ってきます。

楽しみですね♪

こちらのお宅は4/15(土)・16(日)に完成内覧会を予定しています。

どんな仕上がりになったか、みなさんどうぞ見に来てくださいね!!

最後までお読みいただきありがとうございました。

SEED設計室/株式会社シードの 野田 利恵でした。